木造3階建て収益物件建設事業における

WoodHome 3つの強み

ノウハウ

WoodHomeには、大手建築会社とのお取引で得られた、多くの施工経験があります。木造アパートを専門とする協力業者との連携をはじめ、法改正等の情報の入手や、毎年改正される施工マニュアルによる知識の取得など、信頼のネットワークを持っています。

また、提携設計事務所が、木造構造計算に特化するという特殊な業務を行うことから、日本全国の木造アパートビルダーのコストダウン手法の入手や、特殊地形や狭小地に対応する設計技術の取得も得意としています。

競合他社に対しての優位性

大手の競合他社に対して、木造建築のWoodHomeならではの優位な点があります。

大手(競合他社)の弱み

  • 鉄筋コンクリート造や鉄骨造が得意
  • 木造が苦手 構造的に高単価となる
  • 会社規模による管理諸経費の増大
  • 協力業者の多重構造によるコスト増

WoodHomeの優位な点

  • 木造は狭小地にむいている 木造の方が圧倒的に安い
  • 法改正で耐火建築物も木造で施工可能
    *東京エリアでは急速に増加中
  • 管理諸経費のかかりにくい企業経営
  • 直接発注によるコストカット
  • 中小工務店への参入障壁 適正な利益設定
    *低い益率の設定でも充分に利益を頂いております

ギリギリまで攻める技術

狭小地が多く法令上の制限が多い京都で、敷地の限界まで大きな建物を建てるためには、多くのノウハウが必要となります。弊社では申請時も含め様々なテクニックを駆使して、敷地を最大限に活用した設計と施工を行っています。

WoodHome

株式会社WoodHome

施工事例

会社案内